正しい育毛シャンプーのやり方

薄毛を気にする人にとって、正しいシャンプーのやり方というのは、重要となりますよね。
今回は、一般的に育毛に適しているといわれているシャンプーの方法などを説明したいと思います。
髪を生やすことはできなくても、頭皮を労わり、健康な髪を取り戻させて、抜け毛を予防することはできます。
髪は、実は洗えば洗うほど痛んでしまいます。しかし、かといって洗わなければ不潔になり、毛髪の傷みよりも頭皮が不健康な状態になり、トラブルが発生します。
シャンプーは、自分の頭皮や髪質ににあったものを使うことが大切になりますから、購入前は、成分や説明をみてから購入した方が良いです。 また、洗浄力があまりにも強いものは避けるようにしましょう。
■正しいシャンプーのやり方
基本的には毎日洗いましょう。 乾燥肌の方は、2~3日おきでも構わないのですが、育毛を目的とした場合は、毛穴に詰まった皮脂を洗い流すために、毎日がお勧めです。これは、育毛剤の浸透を良くするためですよ。
※育毛剤とは、脂溶性の物は少ない為に、皮脂があると頭皮への浸透の邪魔をして効果がなくなってしまうからなのです。
シャンプーの前は、毛先から軽くブラッシングをしましょう。 髪は濡れるとカラむので、洗髪で髪を痛めたりしないようにすることが大切です。ブラシは、静電気の問題が無い「ウッドブラシ」を使用するのがオススメですよ。
シャンプーの量は、多くても少なくても良くありません。多い場合は、すすぎ切れず、フケ症や抜け毛の原因になりますので、注意してください。
二度洗いが理想的です。髪をお湯で湿らす様な感じで良いので、一度軽く湯洗いましょう。また、通常の水道水によるシャワーは、髪や頭皮に悪い塩素やゴミ等の不純物を含んでいますので、浄水シャワーヘッドの使用をオススメします。
シャワーの温度は熱めが良い、熱い方が皮脂の落ち具合が良くなる。
二度目の洗髪でシャンプーを使う訳ですが、直接頭に付けず、手に平にとって良く泡立ててから頭髪につけて髪を洗いましょう。
洗髪時は、マッサージをする様な感じで指先の柔らかい部分(指の腹)を使って適度に力を入れて動かします。あまり強くこすらない方が良いのですが弱すぎても頭皮の汚れが落ちないので強弱の加減は自分が心地よいと思う程度にする。これで頭部全体をマッサージします。頭皮表面をこするだけでは毛穴の皮脂が落ちないので頭皮は揉むように洗い、毛穴の汚れを押出すのをイメージしながら行う。
洗い流すのは十分すぎる位洗い流します。シャンプーが残る事が多いので少量にしてよく流す事を心がけます。すすぎの段階で「温水・冷水療法」がお勧め。
育毛剤を使う人はリンスは使わない方が良い。リンスとは髪の為の物であるために、育毛剤と相性(イオン性)が悪い場合があります。育毛用のシャンプーのほとんどは脱脂力(油を除去する力)が強いので、髪がきしむ(ゴワつく感じ?)感じになりますので、そんな場合の為に本来リンスがあるのですが、やはり使わない方が良く、あまりにもきしむ方は天然のオイルで例えばホホバオイルを使うと良い。
※育毛剤を使う為にリンスを使いたくないがシャンプーで髪がごわつく場合、シャンプーにホホバオイルを少量混ぜて使うと良い。
タオルで髪の水気を十分取った後に育毛剤を使います、通常気になる部分へ付けマッサージ。髪が濡れた状態では髪が痛みやすくなり、結果、細毛・薄毛の原因になりますのでタオルドライは吸水性の高い新しめの物で念入りに行って下さい。
■温水・冷水療法
洗髪後、シャンプーをすすぐ時に、シャワーで冷水と温水を交互にかけることで血管が拡張と収縮を繰り返し、新陳代謝を促進します。風邪などを引かない様に温水を最後に持ってくるようにしてください。温水は、熱めが良く、温度にすると42度(これは触れた感じではかなり熱いですので、少し下げても良いと思います)で、冷水は冬の場合は浴びるのは辛いので温水との温度差があれば良いです。頭皮が活性化されます。
二回交互の「冷水->温水->冷水->温水」ですと結構手間がかかるので面倒ですが、一回づつのみの「冷水->温水」でしたら非常に気軽に出来ますので、忙しい方や面倒だと言う方は、こちらをおすすめします。
※冷水を浴びる事で健康上の障害等がある場合は、行わないで下さい。
塩素を除去する為にシャワー用浄水器、必ず使いましょう。
■髪の乾燥について
ドライヤーは、熱で毛や毛根に悪いということで、薄毛などを気にする方は、使わない方が多いようですが、間違った使い方(一部分を長時間当てる等)をするのが良くないというだけで、自然乾燥で髪や頭皮が長時間、水分を含んだ状態にすると雑菌が繁殖し、髪(キューティクル)は痛みやすくなるので、洗髪後はすみやかに髪を乾かした方が良いです。つまり、ドライヤーは使った方が良いということです。
但し、ドライヤーの使い過ぎは悪であり簡潔に済ませた方が良いのは事実なので、タオルで十分に水気を取った後にドライヤーで適度に乾かすような感じで行いましょう。
■頭皮のマッサージについて
髪が細くなっていくのは、頭皮の機能低下によるもので、頭皮が硬くなる状態になり、血液の流れも悪くなります。頭皮をマッサージすることにより、頭皮がやわらかく、弾力が出てきます。毎日マッサージすることで、血行がよくなり、自律神経の働きが活発になり、毛髪の発育を促します。
特に天頂や前頭が硬くなるので、頭皮を上へゆるめるようにするのが効果的、強すぎるマッサージは逆効果、1回5分位、一日数回は行ないます。
■指圧について
マッサージは血行の促進に効果がありますが、指圧とはツボを刺激して、神経的な活性化をはかることをいいます。指先で痛くならない程度に、強く、天頂、前頭部、耳の周囲、後頭下部にツボが多いので、その部分をよく押します。出来れば、ツボ押し用のブラシなどで行えば更に良いようですよ。
■バッティング・ブラッシングについて
木製の専用のブラシなどで、頭皮を叩くのも効果的らしいですよ。 ただし、注意点は使用するブラシは、先が丸くなって頭皮を傷つけないもの、また、やり過ぎないことです。プラスチック素材のヘアブラシは、ブラッシング時の静電気やブラシ自身に帯電することで髪や頭皮にかなりの悪影響を及ぼしますので、使わないでください。 静電気の問題が無いウッドブラシと呼ばれる木製のブラシがお薦め。
■朝シャンについて
若い人の間で流行しましたが、良い悪いに関しては賛否両論です。 一般論として、朝シャンプーするということは、大抵の方が時間が無い忙しい時に行いますので、すすぎが不十分であったり、朝シャンプーをするために他の行動がおろそかになっていたりします。
■寝具も清潔にしておきましょう。
せっかく、髪や頭皮を清潔にしていても、寝具(枕や布団)が不衛生では、育毛効果は半減します。寝具も清潔にすることも心掛けておきましょう。 ■加齢と洗髪回数について
歳を重ねると、皮脂腺から分泌される油分が減ります。 皮脂は、髪を保護したりツヤを与える(歳を取ると髪にツヤが無くなる)などの役割があり、他にも髪の成長に関与しているので、取りすぎることは良くないとされています。 乾燥肌で汚れていない場合などは、特に毎日洗髪する必要はなく、1~2日おきの方が良い場合もあります。
■洗髪時の抜け毛について
洗髪の際に抜ける毛は自然の抜け毛といわれています。 抜け毛が進行している方は、抜け毛の量が目立つかもしれませんが、それを気にしても解決策にはなりません。これから健康な髪を生やすために努力をした方が良いと思います。



ホーム育毛シャンプーやり方真剣に育毛の方法を考える食事 毎日やってる育毛方法 育毛剤を正しく使用する方法
生活を改善する育毛方法 トライしてみた育毛方法のあれこれ 育毛方法はたくさんあります
産後の抜け毛の対処方法とその後の育毛について。
私の育毛の方法について